そろそろMVNO iPhoneの維持費を下げてみよう

IIJやOCN、DMMなどが提供するMVNOモバイル通信サービスですが、最近ではすっかりおなじみとなってきました。
通信状態もかなり安定してきて、ユーザーの使い方によっていろんなプランも選べるようになってきています。
私もそろそろiPhoneの維持費を下げるためにMVNOサービスを調べ始めようと思います。

1293003_521928337888379_1214479927_o

iPhone5とiPhone5s

何故MVNOか

私がMVNOを選択しようと思い始めたのには二つの理由があります。
ひとつは各社のLTE網が充実してきたこと。
LTEは最初にdocomoがサービスを開始しましたが、エリアが狭かったのでほとんど使いものになりませんでした。
AppleがiPhone5を発売したときにauとSoftbankもサービスを開始しましたが、この頃からauが速度、エリアともに強かったので、私はauを使い続けてきました。(iPhone5のLTEは色々と問題がありましたけどね・・・)
しかし、最近はdocomoもかなり良くなってきているようなので、docomo網を使っているMVNOなら使ってみたいと思うようになりました。

もうひとつの理由はdocomo、au、Softbank三社の料金プランがいつまでたってもユーザーフレンドリーにならないことです。
昨年、ようやく三社ともデータ通信の従量プラン(2GB、4GBなど)を始めましたが、高価な通話し放題がプランが必須だったり、基本料が上がったりと毎月の維持費がほとんど変わらないという残念すぎるプランでした。

個人的には「基本料(1000円)+データ通信2GB(2000円)+通話料従量制+本体代」のようなプランがあると嬉しいのですが、いくら待っていても三大キャリアはこんなプランを出してくれそうもないので、意思表示をするという意味でもそろそろ三大キャリアから離れようかなと思ってます。

MVNOはデータ通信の従量プランを選ぶことが出来ますし、余った通信量の翌月繰り越しやデータシェアリングも可能。通話もMNPもOK。
さらにSIMフリー(SIMロックされていない端末)の端末も増えてきたので私にとって条件は揃ってきたなと感じてます。

au、docomo、IIJの比較

auの現プランとdocomoに MNPした場合、さらにSIMフリーのiPhoneを買ってIIJ mioにした場合の料金を比較してみました。
auは一台目ではなく、今年の10月で二年を迎える二台目のプランです。

 au現プランdocomo MNPIIJ mio
基本料93427001600
音声通話機能付き
通話料0
※従量制
0
データ通信料6000
LTE NET+LTEフラット
3800
SPモード+データS(2GB)
基本料に3GB分が含まれる
端末代323736184300
*Apple StoreでiPhone6 64GBを24回で支払った場合
毎月割-2230-3078
その他割引-1410
※スマートバリュー
合計653170405900

IIJ mioが最安。docomoが最も高いという結果になりました。
auはiPhone5s 64GBでこの金額です。docomoとIIJはiPhone6 64GBを購入すると仮定しました。

auは現在は安いのですが、スマートバリューは二年が経過すると980円に割引額が減りますし、11月からテザリングオプションの無料期間が終わるので500円のプラスになります。
docomoはカケホーダイの2700円が高いです。さらに2GBの通信量しかないデータSでこれですからかなり割高に感じます。
ただし、iPhoneを買い取ってもらえばdocomoポイントを使って1000円くらいは安くなると思います。
我が家はほとんど通話をしないのでカケホーダイの強制は本当に痛いですね・・・。
それとMNPをしてこの金額なので昔に比べるとMNP優遇もだいぶなくなってきたなと感じます。

結論

新しいiPhoneが発売されるであろう今年の9月か10月に再考しますが、現時点ではIIJなどのMVNOへの乗り換えが有力です。

おそらく三大キャリアは新しいiPhone発売時にiPhone5sとiPhone6の下取価格を上げてくると予想してますので、その時にまた試算をしてみたいと思います。

私がiPhoneで使ってるアプリは以下の記事にまとめています。参考までにどうぞ。

今回はiPhoneで使ってるエンタメ系のアプリを紹介します。 TV SideView Sony製のBlu-rayレコーダを使...