beyerdynamic DT 1770 PROファーストインプレッション

beyerdynamic DT 1770 PROを購入して一週間が経ちました。
恒例のファーストインプレッションを書きます。

前回の開封の儀はこちらの記事を参考にしてください。

早くもDT 1770 PROが届きました。 まずは開封の儀をお楽しみください。開封の儀今回の試聴でもっともお世話になったのでこちらから購入し...

使用した感想

Day1

ヘッドフォン祭の当日とあってあまり視聴する時間がありませんでしたが、Macに直接接続をしてAudirvanaで聴いたところ早くもポテンシャルの高さを見せてくれました。
高音の解像度は悶絶するほどいいですね。店頭で聞いた時はもう少し開放的な音を出してたのでまだ良くなるかなと思います。
意外だったのが低音でしょうか。最初っから結構下まで出てますね。
P7に比べると乾いた低音ですが解像度が高く、音場もそこそこ広いので十二分に魅力があります。

ベロアのイヤーパッドは快適です。
側圧はP7と比べるとゆるめです。その分、音漏れをします。
よくよく考えたら音漏れチェックをするのを忘れてました。(笑)
いつも妻を店頭に連れて行って音漏れを確認してもらうんですが、妻は買って欲しくないのでかなり厳しくチェックしてくれるので重宝してます。(笑)
自宅で聴いたかぎりでは電車内での使用はやめたほうがいいという結論でした。

この日は7時間ほど鳴らしました。

Day2

いつも通り、Macにつないで一晩鳴らしました。
音質については昨日と比べて大きな違いは感じません。
店頭で聴いた時の印象と異なるのは全体的なバランスです。
中域の量が結構多いです。曲によっては高域よりも中低域のほうが目立ってますね。

音漏れの確認をしたいのでイヤーパッドをベロアから合皮に替えてみました。
手先が不器用なくせに取説は読まない人間なのでなんとなく外してなんとなく着けることができました。
P7に比べると手間も時間もかかりますが、P7がよくできてると褒めたほうがいいんでしょうね。

合皮に替えて音漏れは少し良くなりましたが、まだまだ電車で使うのは危険とのこと。
しばらくは耳に馴染むまで自宅でリスニング用に使うことにしました。
まだ携帯用のケーブルも買ってませんしね。

この日は15時間は鳴らしました。

Day3

重くはないですがカバンに入れると嵩張ります。またカバンから出すときに気を使いますね。
P7は折りたたみが可能で付属のポーチがコンパクトだったのでカバンに入れても問題はありませんでしたが、1770 PROについてきたソフトケースは大きすぎるのでカバンに入れることはできません。このまま継続して持ち歩くなら何か考えないといけないですね。

装着感が良くなってきました。耳に馴染んできたという印象です。
装着感が良くなった影響だと思いますが、音漏れも少なくなってきました。
それでも電車内ではP7の7割くらいの音量に抑えてます。
イヤーパッドは前述の通り、ベロアではなく合皮です。ベロアだともっと漏れます。

音質はまだ試聴時と比べると解像度とクリアさが足りないという印象です。
低音は試聴時よりでてます。
高音は変わらずいい感じに鳴ってますが、量は試聴時よりも少なく感じています。

1770 PROについて今まで「腰高で高音寄り」と表現してきましたが、この評価が覆る可能性があります。

この日は外で約3時間装着して視聴しました。
自宅では10時間ほど鳴らしてます。

次ページに続きます。

『beyerdynamic DT 1770 PROファーストインプレッション』へのコメント

  1. […] 購入三ヶ月後のレビューを書きた…gateway254.com beyerdynamic DT 1770 PROファーストインプレッションbeyerdynamic DT 1770 PROを購入して一週間が経ちました。 […]