2016年春 WindowsモバイルノートPC選び

先日、姪のノートPC選びに付き合ってきました。
その時に色々と調べたので比較をした項目と結果についてまとめておきたいと思います。

条件

姪の条件は以下の通りです。

  • 軽量モバイルノート
  • タッチパネル
  • デザイン性
  • Microsoft Officeを快適に使える
  • 長く使えるもの

大学と自宅で使うため、軽量のモバイルノートということが第一の条件です。
タッチパネルはタブレットとしても使うことを想定していました。
デザインについてはそこそこでいいとのことです。
講義でMicrosoft Officeを多く使うので、これは必須のようです。

候補

この条件で姪が探した結果、候補は以下のようになりました。

姪が自分で調べた結果、Surfaceと富士通のノートを選んで、Surfaceが良いという結論になりました。
私が調べた結果、HPとDELLを薦めました。

比較

下表のようにまとめました。

 Surface Pro4Spectre 13 x360XPS 13
CPUCore i5-6300UCore i5-6200UCore i7-6560U
メモリ8GB8GB8GB
内蔵ディスクSSD 256GBSSD256GBSSD256GB
ディスプレイ12.3インチ
タッチパネル
13.3インチ
タッチパネル
13.3インチ
解像度2736 x 18241920 × 10803200 × 1800
サイズ約292 x 201 x 8.4約326 × 219 × 15.5約304 × 200 × 9~15
重量約786g約1450g約1290g
価格150,984円〜
※キーボード別売り
129,800円〜184,980円〜
その他Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス標準添付

Surface Pro4はOfficeのライセンス付きでこの価格なのでお得感があると思いきやキーボードが別売りなんですね。
キーボードは16,000円〜22,000円のタイプを選ぶことが出来ますが、総額では167,000円〜となります。
解像度が高く、軽量さも魅力です。
ただし、キーボードは約300gなので本体と合わせると他の製品とあまり変わらない重さになります。
それと他の製品に比べて見劣りするのがディスプレイの大きさです。
解像度はHPより高いものの12.3インチとなります。

HP Spectre 13 x360はデザインとカラーリングがやや奇抜です。
好き嫌いがはっきりとわかれそうです。
Officeをつけても他の製品よりも安くなるのが魅力ですが、解像度がフルHD(1920 × 1080)までなのが残念です。それと他の製品に比べてやや重たいのもデメリットです。
他の製品にない魅力は音質にこだわっているということでしょうか。
ただし、あまり姪には響いていないようでした。個人的にも音質を良くするよりも解像度を上げたほうが良かったんじゃないかと思います。

DELL XPS 13はフルHDで非タッチパネルのモデルを選ぶと安くなるんですが、Surface Pro4とスペックを合わせるとこの価格になってしまいます。
Officeもついていないので割高に見えますね。
デザインはXPS 13が一番いいと思います。質感もそこそこで使いやすそうでした。
それとCPUがCore i7になります。

結果

姪は店頭でかなり迷っていましたが、最終的にSurface Pro4を選びました。

b73ccd0e-0e08-42b5-9f8d-9143223eafd0

画像は公式サイトから

ディスプレイが他社製品よりも小さいというデメリットはあるものの価格とスペックのバランスが良いと判断したようです。

私が選んでも同じ結論になっていたかなと思います。
価格的にはHPのSpectre 13 x360が魅力的ですし、重量も気にならないのですが、フルHDというのはかなりのデメリットです。
自宅でも4Kモニターを使用していますので、今さらフルHDに戻るのはちょっときついですね。

DELLは価格が高いです。
QHDとタッチパネルを選択したときにi5を選択できてもう少し価格をおさえたモデルがあるといいのにと思いました。

現在、MacBook Proを使っている私ですが、WindowsノートPCも魅力的なモデルがでてきたなぁと感じます。
以前はSSDを選ぶとかなり割高になっていましたが、だいぶ良心的な価格になってきました。
薄さやデザイン、質感の点でもMacと比べて大きく劣るということはないと感じました。
好みの範囲の差かなと思いますね。

久しぶりにWindows PCについて調べていい勉強になりました。
実はMacBookがSurface Pro4のような製品となって出てくるのではないかと期待していました。
そういう意味で今のAppleは他社と比べて遅れてしまっているのは事実かなと思います。
Windows 10のようにiOSとMacOSを融合するのはなかなか難しいものがあると思いますが、iPadにキーボードをつけたとしてもSurfaceのようにパソコンライクに使うことは出来ないので、もうひとつ工夫が欲しい思います。

とはいえ、数あるApple製品の中でもっとも気に入っているのはMacです。
iTunesはWindowsを使ってる頃からどっぷり浸かっていますが、こんなにMacにはまるとは思いませんでした。
まだMacBook ProとMacOSを使っていきたいと思っていますので、Appleには頑張って欲しいところです。

今回は以上です。