音楽レビュー ドリーム・シアター Dream Theater / The Astonishing

今年(2016年)は個人的に昔、夢中になったHeavy Metalを聴いてみようという年にしています。
今まで聴いたことがないバンドも聴いてみたいのですが、まずはよく知っているアーティストの新アルバムから聴きます。

第一弾は一月に新アルバム「The Astonishing」を発表したドリーム・シアターです。
「The Astonishing」の紹介に移る前に恒例のドリーム・シアターとの出会いについて書きたいと思います。
しばしお付き合い下さい。(笑)

私とドリーム・シアター

ドリーム・シアターを最初に聴いたのは1992年に発売された2作目の『Image & Words』です。
きっかけは月並みですが、Burrn!のアルバム評で好評価だったから聴いてみようと思いました。
『Image & Words』は一聴してすぐに気に入りました。
これまで私が聴いたことがないタイプの音楽で、Heavy Metalをベースとしながらプログレの要素をうまく取り入れたスタイルはとても新鮮でした。
アルバム全体を通して楽曲が良く、複雑な構成とアグレッシブな中でも光るメロディーの美しさが印象的でした。
さらに当時のメタル系のアーティストよりもいい音質だったことを覚えています。
後からバンドのメンバーが優秀な音楽学校出身だということを知り納得しました。

『Image & Words』で好きなのは”Another Day”、”Take the Time”、”Surrounded”です。
特に”Take the Time”は今でもよく聴く曲です。

『Image & Words』を気に入ったのですぐにデビューアルバムの『When Dream and Day Unite』を買いましたが、このアルバムはいまひとつ好みではありませんでした。
続いて3作目の『Awake』も聴きましたが、『Image & Words』ほどの衝撃はありませんでした。

ドリームシアターの魅力に再び引き込まれたのは『Falling Into Infinity』です。
このアルバムに収録されている”Take away My Pain”、”Hollow Years”は今でもよく聴く曲で、ドリーム・シアターの中でもこの2曲が一番好きだと思います。
この2曲はものすごく優秀な音楽家たちが、「君たちこういうのが好きでしょ?」とサラッと作った曲だと思うくらい力が抜けているわりに良くできたバラードだと思います。メロディーも非常に美しいんですよね。

ドリーム・シアターは展開が激しくてアグレッシブな曲も好きなんですが、もっとも好きなのはこの手の力の抜けた曲です。

来日公演も1992年、1993年、1998年に行ったと記憶しています。
一番印象に残ってるのは1998年の横浜ベイホールでしょうか。
あんなに小さい箱でドリーム・シアターを見ることができるとは思ってなかったので、あまりの近さに感激したのを覚えてます。
メンバーが楽しそうに演奏しているのも衝撃でした。
当然、観客を楽しませることもするんですが、メンバー自身が楽しんでいることがこれだけ見ているほうを楽しませるんだなと当時は感激したものです。

続く『Metropolis Pt. 2 : Scenes From A Memory』も聴いたのですが、このアルバムは当時の私には少々難解すぎました。
このアルバムを最後に、メタルを聴かなくなったこともあって私とドリーム・シアターの縁は切れました。

The Astonishing

お待たせしました。「The Astonishing」です。

71F8zYYbjmL._SL1200_

「The Astonishing」は買う前からコンセプトアルバムでオーケストラが入って、ミュージカルっぽいという噂を聞いていたのでとても楽しみにしていました。
ゴリゴリのメタルアルバムだったら気に入るかどうか不安だったのですが、ドリーム・シアターが作るミュージカル調のコンセプトアルバムなら現在の私にはちょうど良いんじゃないかと期待してました。

結果は期待通り。いや、期待以上でした。
楽曲がいいのは当然ですが、ひとつひとつの曲に物語があるのと、バンドとオーケストラが見事に調和しているのが気に入りました。
ストーリーのあるアルバムで公式サイトでもこのアルバムの世界観を解説したコンテンツがありますね。
が、実はあまり見てません。(笑)
ストーリーも重要なんですが、今回は音楽を楽しもうと最初から決めてました。
で、この音楽がすごく良かった上にストーリー性もあるので私のツボに入りました。

好きな曲

「The Astonishing」から好きな曲です。

  • Dystopian Overture
  • The Gift Of Music
  • The Answer
  • A Savior In The Square
  • Act Of Faythe
  • A Life Left Behind
  • A New Beginning
  • 2285 Entr’acte
  • Begin Again
  • Losing Faythe
  • Our New World
  • Astonishing

多いですね。すいません。(笑)
それだけこのアルバムが好きだということが伝わればと思います。

次ページから特に気に入った曲について少し書きます。