私と音楽 AC/DC 好きなアルバムとお薦めの曲

Queenに続いて、私が2番目に好きなアーティストのAC/DCについて書きたいと思います。
QueenとAC/DCはまったく性質が異なるバンドなので自分でも何故、AC/DCをここまで好きになったのかはわかりません。(笑)
順番としては最初にQueenを好きになってから、AC/DCと出会っています。
これから詳しく書きますが、AC/DCと出会ってから数年ほどでQueenに次ぐ第2のアーティストとなりました。
AC/DCと同じ時期にMotorheadやCheap Trick、ZZ Topといったバンドも聴いていたのですが、何故かAC/DCには強く惹かれる魅力がありました。

ACDC

画像は公式サイトから

そんな私とAC/DCについて書いていきます。

AC/DCとの出会い

友人に薦められて

最初に聴いたアルバムは『Flick Of The Switch』です。
たまたま友人が薦めてくれたのでレコードを買ってみたのですが、一発で気に入りました。
AC/DCを聴いたのは1983年で、私の音楽的な嗜好もまだHeavy MetalやHard Rock一辺倒というわけではなく、他のトップ40ものと一緒に聴いていた時期です。

『Flick Of The Switch』の次に聴いたのは『Back in Black』と『For Those About to Rock (We Salute You)』でした。
簡単に言うと『Flick Of The Switch』をすごく気に入ったので、評価の高い2枚を矢継ぎ早に買ったということになります。
その後は新しく発売される新作を聞きながら、少しずつ古いアルバムを購入していきました。

AC/DCが私の中で第2のバンドになるまでにはそれほど時間を要しませんでした。
基本的に最初に聴いた3枚で音楽性や質の高さを評価していましたし、音楽を聴いてこれほど興奮するバンドも他にいませんでした。
今でも元気が欲しいなというときはAC/DCを聴くくらいです。

待望の来日公演

そんなAC/DCを初めて生で見ることができたのは2001年の来日公演でした。
一曲目が”You Shook Me All Night Long”だったと記憶していますが、不覚にも涙してしまってよく覚えていません。
2曲目から立ち直って生のAC/DCを存分に楽しみましたけどね。(笑)

AC/DCは1981年と1982年にも来日していますが、まだ私がAC/DCを出会う前ですし、年齢的にもライブに行けるような状態ではありませんでした。
しかも、AC/DCは「日本で過小評価されている三大バンド」に挙げられていた時期が長かったので、来日公演を見ることはないかなと思ってたんですよね。

状況が変わったのは1990年に発表されたアルバム『The Razors Edge』がきっかけでした。
AC/DCの長い歴史の中でいうと『Flick of the Switch』以降は世界的にもぱっとしないセールスが続きました。この頃はHeavy Metal/Hard Rockファンからも「すでに終わったバンド」「どのアルバムを聴いても一緒」と評されることが多かったと記憶しています。

『The Razors Edge』はAC/DCにとって全世界的に久しぶりのヒットとなったんですが、日本国内での評価も少しずつ良くなっているのを肌で感じました。
続く『Ballbreaker』もそこそこのヒットとなり、AC/DCの世界的な人気は完全に回復しました。そして驚いたことに日本でもアルバムチャート18位まで上昇しました。
『Ballbreaker』ツアーの時にも来日の話題があったんですが、私は否定的でした。
というか、実現しないと悲しくなるので期待をしないようにしたと言ったほうが正しいですね(笑)

最終的に『Stiff Upper Lip』発売に伴うワールドツアーで19年ぶりの来日が実現しました。
この時はさすがの私も「来ないほうがおかしい」くらいに煽ってましたね。(笑)

2010年には2008年発表の『Black Ice』に伴うワールドツアーで来日をしてくれました。
そして来年は『Rock or Bust』に伴うワールドツアーで来日してくれることを期待していますが、マルコムもブライアンも離脱してしまったのでどうなることやらという感じです。

AC/DCの魅力

タテノリとブギ

AC/DCの魅力をQueenのように表現するのは難しいのですが、個人的にはタテノリでブギの要素を取り入れたストレートなロックの二つに大いなる魅力を感じています。

AC/DCというバンドは似たようなテイストのバンドも多いですし、フォロワーもたくさんいます。
その中でこれだけ個性的な音楽を作りだし、高い人気を長期にわたって維持できているのは、マルコムとアンガス兄弟によるギターリフ中心の音楽作りなんじゃないかなと思ってます。

2014年9月に長年AC/DCのスタイルを築いてきたマルコムが離脱してしまいました。
原因は認知症なのでおそらく完全な状態で復帰するのは難しいでしょう。
そのマルコム抜きで初めてのアルバムとなった『Rock or Bust』はマルコム不在の不安を吹き飛ばす出来だったので安心しましたが、作曲には関与しているので、本当の意味でマルコム抜きになるのは『Rock or Bust』の次の作品ということになります。

前述の通り、AC/DC最大の魅力はマルコムとアンガス兄弟によるギターリフ中心の音楽作りだと私は思っていますので、次作はかなり不安があります。

個性的な二人のボーカル

そして強力な個性をもつ二人のボーカリストも魅力のひとつです。
特にAC/DCが独特の音楽スタイルを確立することができたのは、初期を代表するボーカルのボン・スコットによるところが大きいと思います。(ちなみにボンは2代目のボーカル)
ボンが加入してから初めてのシングルになった”It’s a Long Way to the Top (If You Wanna Rock ‘n’ Roll”を聴くと、ボンの果たした役割の大きさをいつも感じてしまいます。

3代目のボーカルとなったブライアン・ジョンソンも個性的な歌唱法と声をしているボーカルです。
私はボンとブライアンはどちらも好きで、どちらかを選べといわれても選べないくらいなんですが、ブライアンの功績は非常に厳しい時期に加入したものの、見事にボンの穴を埋めつつ、自分なりのAC/DCを作り上げていったことではないかと思います。
もちろん、ブライアン一人でなしえたわけではありませんが、すでにモンスターバンドになりかかっていたAC/DCに加入し、存在感のあったボンの後を継ぐというのは非常に難しかったと思います。

こんなわけでAC/DCはマルコムとアンガス兄弟が作る土台の上に、ボンとブライアンという二人の個性的なボーカルが暴れまくるのが魅力と感じています。

ライブのうまさ

もうひとつ魅力をあげるとすれば、ライブです。
AC/DCはライブがうまいバンドとして有名で、MTV全盛の時代に『Blow Up You Video』というアルバムと曲を発表し、「家でMTVなんて見てないでライブに来いよ」というメッセージを送ったほどライブを重要視したバンドです。

AC/DC自身はMTVが存在する前からプロモーションビデオを出しているので、決してMTVの存在やプロモーションビデオというものを否定したわけではないのですが、MTV全盛時代というのはそれくらいMTVが音楽業界に与える影響が大きく、ライブ主体のバンドが苦戦をした時代だったので、AC/DCが声をあげたということですね。

AC/DCの魅力を知る上でライブは必須だと思ってますので、お薦めのアルバムとともにライブアルバムや映像作品も紹介したいと思います。

次ページから好きなアルバムについて書いていきます。