Mac 写真管理ソフト Vixの代わりはPhotoScape X

友人からナイスな写真管理ソフトを教えてもらったので試しに使ってみました。
これまではAdobe社のLigthroomを使ってましたが、毎月980円かかっていたので
無料で良いのがあれば乗り換えたいなぁと思ってました。

PhotoScape X

友人に紹介してもらったのはPhotoScape Xというアプリです。

前に紹介したように私は写真を加工することは少ないのですが、撮りためた写真を閲覧することはよくあるのと、NASに写真ファイルを保存しているので高機能よりも高速処理を求めます。
WindowsではVixというソフトを愛用していました。
PhotoScapeはそのVixのかわりになりそうなアプリです。

スクリーンショット 2015-01-17 11.04.12(2)

起動をしたときの画面

基本的に軽いので高速に動作します。
NASからのファイル読み込みもサクサクです。
簡易的な加工機能とスライドショー機能もついてるので、私にはこれで充分です。
SNSへの投稿機能なんかもありますね。

スクリーンショット 2015-01-17 11.05.22(2)

Viewerメニュー 左にフォルダ、右に写真のサムネイルが表示されます

スクリーンショット 2015-01-17 11.05.49(2)

写真を閲覧したときの画面です 右クリックをするとメニューが開きます

スクリーンショット 2015-01-17 11.06.23(2)

Editorメニュー 色んなことが出来ます

スクリーンショット 2015-01-17 11.08.57(2)

画像の結合なんかもできますね

スクリーンショット 2015-01-17 11.19.51(2)

写真を閲覧してるときにマウスカーソルを画面の右に持っていくとスライドショーを開始することが出来ます

PhotoScape Xのダウンロードはこちらから。

OLYMPUS Viewer 3

もうひとつのソフトはオリンパスのOLYMPUS Viewer 3です。
オリンパスのカメラユーザーのみがダウンロード出来る製品ですので気をつけてくださいませ。
こちらのほうが機能は多いです。
RAW現像やカメラからの読み込みも出来ます。
しばらくは二つとも使ってみて最終的な結論を出そうと思います。

スクリーンショット 2015-01-17 11.30.40(2)

写真の閲覧画面とメニュー

スクリーンショット 2015-01-17 11.30.14(2)

右にフォルダ、左にサムネイル。 使い慣れた構成でわかりやすいです。

Adobeのフォトグラフィープランは残念ながら解約しましたが、決して使いづらいということはありませんでした。
やはり費用がかかるのと、私には機能が多すぎます。

PhotoScape Xが日本語化されたので詳細に機能を解説しました。

WindowsからMacに乗り換えてもっとも苦労したのが写真管理ソフト選びですが、前に書いたようにPhotoScape Xというフリーソフト...

Macで使ってる他のソフトについてもまとめましたので参考にどうぞ。

今回は私がMacをどのように使っているかを紹介します。 Webブラウザ WindowsとAndroidを使っていた名残でGoogle...