スポンサーリンク

Mac用音楽再生ソフト Audirvana Plus 2.2.1 のレビュー

スポンサーリンク
Audirvana
スポンサーリンク

Audirvana Plusが2.2.1にアップデートされました。

スクリーンショット 2015-09-12 11.13.11

公式サイトのスクリーンショット

また、iPhoneからAudirvana Plusをリモートで操作できるA+ Remoteというアプリもリリースされています。
A+ Remoteは今回ではなく2.2と同時にリリースされていましたが、個人的にはあまり興味がなかったのでインストールはしていません。
気が向いたら入れるかもしれませんが、1200円と試すにはお高めなので今のところは手を出してません。(笑)

さて、前回私がAudirvanaのレビューを書いたときは2.0.1.0だったので主に2.0.1.0からの変更点について書いていきたいと思います。
Audirvana Plus 2.0.1.0については以下の記事を参考にしてください。
インストールから設定やiTunes Modeなど基本的な使い方について解説をしています。

Mac用音楽再生ソフトAudirvana Plusを導入してみる
SoundRoid VANTAM Redを購入したので前から入れてみたいと思っていたMac用の音楽再生ソフトAudirvana Plusを導入してみます。 狙いはiTunesで再生できないハイレゾ音源やDSD音源を再生することです。 も...
Mac用音楽再生ソフトAudirvana Plusの設定
Audirvanaを問題なくインストールし、快適に視聴してます。 以前、Airplay時に音が切れることがあると報告しましたが、MacやWi-Fiルータの設定を変えていないのに改善しました。 Audirvanaをインストールする前か...
Mac用音楽再生ソフトAudirvana Plusの設定その2 Audirvanaに音楽ファイルを読み込ませる
Audirvanaを使い始めて3週間近くになります。これまではiTunes Integrated Modeを使用してiTunesのライブラリを仮想的にAudirvanaで再生していました。iTunes Integrated Modeは今まで...
スポンサーリンク

主な変更点

私が認識しているかぎりでは以下が主な変更点です。

  • リモートアプリA+ Remoteに対応
  • 楽曲一覧で「Date Added」(追加日)を追加
  • Playlist(M3Uファイル)のImport/Export機能を追加
  • Generalタブに”Display Images at optimal screen resolution”項目を追加

リモートアプリA+ Remote

前述の通り、iPhone及びiPadからMacのAudirvanaをリモート操作できるようになりました。
機能的には再生や巻き戻し、曲飛ばしをiOSデバイスから行うことが出来ます。
またAudirvanaのライブラリを閲覧し、任意のアーティストやアルバム、Playlistの再生をすることが可能です。
スクリーンショットを見る限り、機能的にはiOS標準のMusicアプリと似てますね。

リモートアプリを使用するにはiOSデバイスとMacが同一ネットワークセグメントにいる必要があります。インターネット経由では使用できないので注意をしてくださいませ。

私はAudirvanaをiTunes Integrated Modeで使用しているのであまり意味がありません。
Audirvanaを非iTunes Integrated Modeで使用してる方は便利になります。

A+ Remoteがリリースされたのは2015年7月29日で8月22日には1.0.1がリリースされています。
詳細はiTunes Storeを参考にしてください。

「Date Added」(追加日)の追加

Audirvanaを非iTunes Integrated Modeで使ってる方には便利だと思います。
iTunesにもある「追加日」の項目が追加されました。

スクリーンショット 2015-09-12 12.18.07

Date Addedの追加

これによりMacに音源ファイルを追加した日でライブラリの管理をすることが出来るようになりました。
「2010年に聴いた曲をランダムで聴きたい」などという場合にはとても便利です。

PlaylistのImport/Export機能

PlaylistのImportとExport機能にも対応しました。

スクリーンショット 2015-09-12 12.22.35

Playlistメニュー

M3U形式のPlaylistであればImportとExportが可能です。
iTunesからPlaylistをM3U形式で書き出して、AudirvanaにImportすることによってiTunesからAudirvanaへの移行をスムーズに行うことができます。

今回、新しいiPhoneとApple TVが発表されましたが、iOS及びAirplayが扱える音源ファイルは48k/24bitのまま変更はなかったため、iTunesからの脱却を目論んでいる私ですが、iTunesを使わない場合は、Audirvanaで音源を管理しようと思っていますのでこの機能はありがたいです。
具体的にどのように行うかまだ調べていませんが、iTunesから書き出したPlaylistをAudirvanaにインポートしてiPhoneではないDAPに転送すれば、iPhoneとあまり変わらない使用感で音楽を聴くことが出来るかなと思います。

Display Images at optimal screen resolution

Audirvana Plusを2.2.1にアップデートしてからすべての設定タブを見比べてみました。
変更があったのはGeneralタブのみで、アルバムジャケットの画像を最適な大きさで表示する機能が追加になりました。

スクリーンショット 2015-09-12 11.28.21

下から2番目の設定項目です

上のスクリーンショットの通り、Generalタブを開くと”Display Images at optimal screen resolution”(may be smaller)という設定項目が追加されています。
「(may be smaller)」と記載があるのは画面の解像度によっては「小さく表示されるかもよ」と言うことだと思います。

私はあまりアルバムジャケットの画像を気にしないので無効のままにしてあります。

まとめ

公式が発表しているのと私が気がついた変更点について解説しました。
公式曰く音質も改善しているようです。

アップデートをしてから一通りの機能を使いましたが、特に不具合はありません。
良い感じに動作しています。
ちなみに音質改善については違いがわかりません。(笑)

以上でAudirvana Plus 2.2.1のレビューを終わります。

以下の記事も合わせて参考にしてみてください。

Macの高音質化計画のまとめ Audirvana、XLD、iTunes
Audirvana Plusを導入して一ヶ月が経ちました。色々と試行錯誤をしつつようやく設定が固まったのでこの辺で私の設定をまとめておきます。同時にXLDの設定も見直しをしました。意外と使える子だと言うことがわかったXLDですが、これまでど...
Mac用音楽再生ソフトAudirvana Plusの設定その2 Audirvanaに音楽ファイルを読み込ませる
Audirvanaを使い始めて3週間近くになります。これまではiTunes Integrated Modeを使用してiTunesのライブラリを仮想的にAudirvanaで再生していました。iTunes Integrated Modeは今まで...
自宅での音楽再生環境 AirplayとBluetooth
今回は自宅での音楽の聴き方について書きたいと思います。 ポータブルオーディオよりも前にオーディオにはまってるので、当然こだわりもあるんですが、現在はあまりお金をかけずに最大限の音質と利便性を確保してます。 ただ、この利便性のおかげで自宅では...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました