Queen+ Adam Lambert クイーン+アダム・ランバート@武道館の鑑賞記(2016年9月22日)

楽しみにしていたQueen + Adam Lambertの武道館公演に行ってきました。
ライブの模様と私の感想を書いていきたいと思います。

前置き

恒例の前置きです。(笑)
今回は短めに済ませます。
クイーンの来日公演ですが、私は1985年の武道館で見ています。
フレディーがいたクイーンとしては最後となった来日公演ですね。
その後、ギタリストのブライアン・メイの来日公演を複数回、Queen + Paul Rodgersを横浜に見に行きました。2005年のことです。

ブライアンとロジャーの二人がステージに上がるQueen+シリーズは実に11年ぶり。
武道館で彼らを見るのは31年ぶりでした。
私の先輩ファンは1975年の初来日を武道館で見ていますのでさぞかし感無量だったことだと思います。

アダム・ランバートについてはアメリカン・アイドルで最初に知りました。
アメリカン・アイドルにQueenが出るというのでたまたま見たのですが、この時にブライアンとロジャーと一緒に”We are The Champions”を演じたのがアダムです。

アダムとはアメリカのドラマ「Glee」で再会しました。
「Glee」が下火となっていた頃の出演だったので、正直、それほどいい活躍は出来ませんでしたし、印象にも残っていません。
このGleeに出演していたときにQueenとライブをするという話が決まりました。
私自身はアダムの声質がいまひとつ好みに合わないので戸惑いもありましたが、アダムのショーマンシップはQueenに合うと思ったので一度は見てみたいと思うようになりました。

2014年にはSummer Sonic 2014でQueen + Adam Lambertが来日を果たしました。
残念ながら夏フェスを乗り切る体力に自信がないため、私は行きませんでしたが、ライブの評判を見聞きして失敗したなと思いました。

そういうわけで今回はついに単独来日公演が実現ということで早くから楽しみにしていました。

セットリスト

セットリストはQueen公式Twitterアカウントが公開していました。

cs9agcwwcaet86g

念のため、公開された画像もアップロードしておきます。

ライブレポートと感想

img_6642

開演前

今回の会場である日本武道館には16:30頃に到着しました。
前日の初日公演でグッズ売り場が鬼のように並ぶということを聞いたので早めに行ったんですが、私が到着したときにはすでに「今から並んでも開演には間に合いません」というアナウンス。
どうやら初日公演の教訓が活かされていないようです。
今時はインターネット販売も出来ますし、売り場を増やすことも出来たはずなのに、なんの対策もしなかった運営側の決定には不満を感じました。
結局、私はグッズをあきらめて会場に入りましたが、公演後もかなりの人が並んでいました。
最終日(9月23日)は少しでも状況が改善されていると良いですね。

会場に入ると期待していた以上の良席でテンションが上がりました。
アリーナに設置されていたPAブースの真後ろで、ステージの真っ正面です。
ステージからの距離も近く、アリーナのように見上げることもないので、見るのも非常に楽でした。

演奏が始まる前から”We Will Rock You”の通称「どんどんぱ」のリズムに乗せて観客がテンションを上げてました。Queenのライブならではの光景ですね。
また、コスプレをしている人も多くいました。
一番笑ったのは”I Want to Break Free”のPVでフレディーのコスプレをしてた方ですね。
あのネタを使ったのも素晴らしいのですが、再現度も高かったです。

開演前から観客のテンションはどんどん上がっていきました。
そしてついに演奏開始です!

ここからはネタバレだらけです。
注意をして次ページに進んでください。