ヘッドフォンAKG K551開封の儀

買ってしまいました。AKGのK551です。
それと同時に悲しいお知らせをしなければなりません。
残念ながらSONYのMDR-Z1000は里子に出しました。
一年に渡って活躍をしてくれましたが、今後活躍の場がないだろうと判断しました。
先日、聞き比べの記事を書いた後にもう一度P7と聞き比べて、P7の能力が高すぎてZ1000のいいところまでカバーしてしまってるんですよね。
Z1000は高解像度で平面的に聴かせることについては随一のヘッドフォンだと思いますが、私の好みも変わってきてるように思います。

前からやってみたかった聞き比べをしてみました。 各ヘッドフォンのレビューはこちらを参考にしてくださいませ。 Z1000、K545、P...

お前はイヤフォン選びをしてたんじゃねーのかよという声も聞こえてきますが、サクサクっと次に行きましょう。
K551はK545のレビューでも書いたとおり、2013年にZ1000を買ったときに聴いて好きになったヘッドフォンです。
最終的には国内で正規に販売されていないという理由でK545を購入したんですが、時が経つにつれ、後悔しました。
よって、色々と考えたのですが、Z1000とK545を里子に出してK551を買うことに決めたという次第です。

AKG K545は現在、2番手として使っているヘッドフォンです。 AKGとの長い付き合い AKGとの縁はちょっと長くて10年前か...

早速開封

長くなりましたが、早速開封してきましょう。

IMG_6892_resize

K545とほぼ同じように梱包されてます

IMG_6893

外箱の裏面です。色気や高級感は皆無

IMG_6894_resize

箱を空けるとK551がお目見え

DUNU TITAN1と比べても安っぽい梱包です。
まあ、こういうところにこだわりはあまりないのでそれほど気になりませんけどね。(笑)
思いっきりプラスチックにくるまれてます。
同梱品は1.2mのケーブルのみです。
割り切ってます。嫌いではありませんけどね・・・。

IMG_6899_resize

プラグとリモコンを取り外すのに苦労しました

IMG_6901_resize

このデザインは大好きです

箱から出すときにプラグとリモコンがしっかりとプラスチックに埋まっていて苦労しました。
さすが北米モデルですね。
K545の時はどうだったか覚えてません。
ブログは備忘録としても役にたちます。

K551とK545を写真で比較

デザインはK545とあまり変わりません。
一番の違いはハウジングの大きさです。
K551が一回り大きく、縁がついてます。
縁がついてるのはかっこいいと思うんですが、K545の青色が入る部分が好きですね。
欧州だとブラックとオレンジのモデルがあるんですが、この組み合わせが一番好きです。

IMG_6919_resize

左がK551、右がK545

IMG_6915_resize

イヤーパッドの色が違います

IMG_6912_resize

こちらも左がK551、右がK545。K551のケーブルが派手です。

K551のほうが少し高級感があって質感があります。
イヤーパッドの色も違います。
イヤーパッドのさわり心地は写真でも少しわかるでしょうか。K551のほうが少し高級感があります。装着をしても快適さが増していますね。

最後にK551の細部を見て行きましょう。

IMG_6926_resize

製造は違う国なのでしょうね(汗

IMG_6932_resize

このデザインは本当に好きです

いかがでしょうか。
K551はこれからエージングをしていきます。
音質については週末にでもレビューをアップ出来ればと思ってます。
K551を里子に出すようなことがないといいのですが・・・。