スポンサーリンク

音楽レビュー フィリップ・フィリップス Phillip Phillips

スポンサーリンク
音楽
スポンサーリンク

先日、プレミアショーケースライブに行ってきたフィリップフィリップスですが、まもなく日本でのデビューを果たします。
せっかくなので彼のこれまでの作品を紹介しつつ、私が気に入っている曲を紹介します。
これからファンになるという方の参考になれば幸いです。

You can read this review in English in the page below.

Music Review Phillip Phillips
I was very lucky to have a chance to see Phillip Phillips in Japan at the Premier show Case.As Phillip is going to have ...
スポンサーリンク

フィリップ・フィリップスとの出会い

アメリカン・アイドルシーズン11が私とフィリップ・フィリップスの出会いです。
詳細については以下の記事に書いてますので参考にしていただければと思います。

祝初来日!フィリップ・フィリップス プレミアショーケースライブのレポート(2015年7月27日)
アメリカンアイドルシーズン11の優勝者Phillip Phillipsのプレミアショーケースライブに行ってきました。私のフィリップ・フィリップスとの出会いを含め、ライブのレポートを書きたいと思います。フィリップ・フィリップスとの出会いフィリ...

アメリカン・アイドルシーズン11で彼を聴いたときは「アメリカってこういう才能が平気で埋もれてるから恐ろしい」でした。
アメリカン・アイドルはレベルも高く、いいアーティストを輩出している番組ですが、フィリップ・フィリップスはその中でも別格でした。
日本で放映されているThe VoiceやThe X Factorは可能なかぎり見てますが、彼ほどの才能にはまだ出会ってないです。強いて上がればThe X FactorのAlex & Sierraでしょうかね。
彼らも最初に聴いたときからとてもいいと思いました。

音楽レビュー Alex & Sierra It's About Us
米国版The X Factorで活躍したAlex & Sierraのアルバムがついに完成したので早速買いました。 この二人の詳細についてはオフィシャルサイトかファンブログを見てみて下さい。 この二人はTh...

フィリップ・フィリップスに話を戻します。
アメリカン・アイドルを優勝したあとにどうなるかなと気にしてましたが、ファーストアルバムの出来が非常に良かったので安心しました。
変に商業的な方向に走ってないのも好感です。

アメリカでは順調にライブ活動もしているので安心して見てましたが、セカンドアルバムも早いタイミングで出してきたので驚きました。今はそれだけアウトプットが出来る素材やアイディアが彼にはあるのでしょうね。

ということで、これからフィリップ・フィリップスに関して私が入手した作品と感想を書いていきます。

Season 11 American Idol Hlts EP

アメリカン・アイドルシーズン11が終わってすぐに買いました。
彼のルーツを知る上でもいい作品だと思います。
収録曲はすべてアメリカン・アイドルシーズン11でのパフォーマンスです。

  1. Home
  2. Superstition
  3. Volcano
  4. We’ve Got Tonight
  5. Hard To Handle

私が気に入ってるのは”Home”と”Superstition”、”We’ve Got Tonight”です。
“Home”はアメリカン・アイドルで恒例の「優勝したらデビューする曲」として発表されました。今でもフィリップ・フィリップスの中で一番好きな曲です。
フィリップ・フィリップスのヴォーカルの魅力がとても良く出てますし、故郷への少し哀しい思いが力強く歌われてます。この少しもの悲しいんだけど力強い感じがフィリップ・フィリップスの最大の魅力ではないかと思ってます。

ちなみにこの曲は私が大好きなアメリカのドラマGleeでも使われています。
とてもうまくアレンジされてますので、こちらもお薦めです。

Glee-Homeward Bound/Home (Full Performance)

Superstitionはスティービー・ワンダーの曲です。
先ほどの”Home”とは違って思いっきりグルーヴ感のある曲です。
フィリップ・フィリップスの間口の広さをよく表してる曲だと思います。
アコースティックでちょっとカントリーっぽいロックが彼の主軸だと思いますが、この手の音楽も難なくこなすんですよね。
なお、私がこの曲を知ったのはMegadethがカバーしてるからです。(笑)

We’ve Got Tonightは1983年にケニー・ロジャーズとシーナ・イーストンがデュエットしたバラードです。
この曲はGleeでも扱われました。
フィリップ・フィリップスは一人で歌ってますが、さすがとしか言いようのない出来になっています。

それとこのCDには収録されていないのですが、アメリカン・アイドルシーズン11でC.C.R.の“Have You Ever Seen the Rain”も演奏しています。
この曲はアメリカのiTunesアカウントを持っていないとダウンロード出来ないかもしれませんが、とてもお薦めです。

次ページでデビューアルバムの「The World from the Side of the Moon」を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました