iOS 10 楽曲のレート編集ができるアプリを紹介 Music Rating Widget

捨てる神あれば拾う神ありですね。
最初は私の見落としかなと思っていたiOS 10のミュージックアプリでレート編集機能が削除された件ですが、記事を公開したあと、多くのアクセスをいただきました。
そして私の思い違いではなく、現実なんだなと思い知らされました。
嬉しかったのはレート機能を使ってる方が多いと言うことですね。

iOS 10が本日リリースされました。 iOS 10は今のところおおむね快適なんですが、ひとつ困ったことがありましたので急いで記事を書き...

さて、前の記事にありがたい情報提供がありました。
なんとiOS 10でレート編集が可能となるアプリです。
嘆いてばかりいても仕方がないので、自分でも探していたんですが、見つけることが出来ませんでした。
とてもありがたい情報提供です。

Music Rating Widget

アプリの名前は「Music Rating Widget」です。
有償(120円)ではありますが、レート機能を多用していた方には朗報かと思います。
以下のリンクからダウンロードおよびインストールをしてくださいませ。

Music Rating Widgetの使い方

至ってシンプルなアプリなので迷うことはあまりないかなと思います。

14339185_1099914413423099_2001350867_o

アプリのアイコン

インストールが終わると「Track Rating」という名前のアイコンが登場します。
アプリを起動する前に音楽を再生してください。

14374737_1099914456756428_350748100_o

レートをつけてみる

iOS 10のミュージックアプリで音楽を再生し、Music Rating Widgetを起動するとこのような画面になります。
シンプルに曲のタイトルとアーティスト、ジャケット写真が表示され、ジャケット写真の下にレートが表示されます。
今までのミュージックアプリと同じようにレートをつけることが出来ます。
左端のアイコンをタップするとレートをつけない状態になります。
右端のアイコンをタップするとレートは最大になります。
右端のアイコンは少しややこしいです。てっきり曲送りのためにあるのかなと思いきや、曲送り機能ではありませんでした。(笑)

なお、このアプリから曲送りをしたい場合は、画面を左右にスワイプしてください。
曲送りと前の曲に戻ることが可能です。

14339253_1099914426756431_667914829_o

曲を送ってみた

曲送り機能を使うと次の曲が再生されます。

注意が必要なのは、Music Rating Widgetは曲を再生しないと使用出来ないということです。
プレーヤー機能はありませんので、曲の再生はこれまで通り、ミュージックアプリで行ってください。
曲を再生していないときにMusic Rating Widgetを起動すると下のような画面になります。

14393376_1099916826756191_1774197243_o

曲を再生していないときの画面

「現在、曲は再生されていません。Music Rating Widgetは曲の再生中のみ使用できます」という文言が表示されます。

次ページに続きます。

『iOS 10 楽曲のレート編集ができるアプリを紹介 Music Rating Widget』へのコメント

  1. 名前:Orange 投稿日:2016/09/17(土) 12:08:38 ID:553a1b55d 返信

    ウィジェットから操作するのがオススメです。

    • 名前:@amahikas 投稿日:2016/09/17(土) 21:52:10 ID:cfeba33a7 返信

      Orangeさん、コメントありがとうございます。
      ウィジェットとして使ってみました。
      確かにこちらのほうが便利ですね。
      記事に追記したいと思います。ありがとうございます!