Appleの9月9日イベントに期待すること iPhoneとAppleTV

appleevent2

いよいよ1年に一回の楽しみの日がやってきましたね。
9月10日 午前2時(日本時間)から新しいiPhoneが発表されそうです。
昨年は画面が大きくなるということでiPhone6 Plusが非常に楽しみだったのですが、今年はiPhoneそのものにはあまり興味がありません。
どちらかというとApple TVとiOSを楽しみにしております。

せっかくなので私が楽しみにしているポイントをまとめておきます。

iPhone

新しいiPhoneはおそらくリーク情報通りのスペックになってくると思います。
プロセッサが「A9」になり、メモリは2GBに増えるでしょう。
LTEのチップが変わってダウンロード速度が向上するという噂もありますが、これはキャリアとの関係もありますので注意が必要です。
また仮にキャリア側で対応したとしても通信制限があるので、よほど大容量のファイルを送受信しないかぎりは、現状と使用感は変わらないと思ってます。

容量については現行と同じで16/64/128GBで変わらないという噂ですが、これもおそらく本当でしょう。
iPad Mini 2の16GBモデルを使ってますが、写真や音楽を一切入れてない状態でようやく4GBの空きを確保出来る程度なので、iPhoneでの16GBはかなり厳しいと思います。
個人的には32GBモデルの復活を期待していたのでちょっと残念です。

カメラの画素数が上がって4K動画をサポートするという噂は大歓迎です。
現在、4Kの再生環境はDELLの4Kモニターしかありませんが、4Kの普及に弾みがつくと思います。
この噂が本当ならApple TVをDELLの4Kモニターに接続して4K動画を楽しんでみたいです。
4K動画の機時間してはこちらを参考にしてください。

MacBook Pro Retina 2012モデルと付属のミニDP-DPケーブルで接続しています。 解像度は2560×1440です...

その他では本体カラーにピンクの追加やForce Touchの搭載が噂されています。
個人的にはあまり興味がないのでどっちでもいいのですが、どうなることやら楽しみですね。

Apple TV

Apple TVの変更点として大きく期待しているのはiOSの搭載です。
iOSを搭載することにより、iPhoneやiPadのようにApple TVにアプリを追加してApple TVで再生できるようになります。
例えば、NHKやWOWOWが提供しているオンデマンドサービスアプリをApple TVにインストールしてテレビに映し出すというようなことが出来れば便利かなと思います。

私はゲームはほとんどやらないのですが、ゲームユーザーにも同様の理由で朗報かなと思います。
特にiPhoneでやりかけていたゲームを帰宅してからテレビ画面で続きをやるなんて言うのはなかなか便利ですよね。

iPhoneが4Kに対応するのであれば、Apple TVも4Kに対応するんじゃないかと期待しています。
ただし、Apple TVの4K対応については否定的な見方が多いですね。
従来通りフルHDまでなら個人的にはちょっと残念です。

iOS

iOSに期待するのはもちろん、ハイレゾ対応です。
現状のiOS8でもHF Playerなどでハイレゾの再生は可能ですが、iOS標準のMusicアプリでは48k/24bitまでです。せめて192k/24bitまで扱えるようにして欲しいですね。
iTunesでの音楽配信もAppleロスレスでお願いしたいです。
もちろん、今までのAAC256kを残して少し割高でもOKです。

それとiOSだけでなくMac、Apple TVにも関係しますが、Airplayでも192k/24bitくらいまで転送できるようになれば最高です。

私が今回の発表会に期待してるのは大体こんなところです。
とにかく音楽ファイルを192k/24bitまで扱えるようにして欲しいというのが一番大きいですね。
これが来なければ音楽再生機能はiPhoneから切り離してDAP(デジタルオーディオプレーヤー)を別途買おうかなとも考えています。
音楽ファイルはここ10年ほどiTunesで管理してるので出来るだけ今の環境を維持したいんですけどね。さすがに最近は不便になってきました。

それとiPhoneの発売とともに各キャリアの対応も楽しみです。
今年はIIJやOCNなどMVNOへの移行も考えてるので現行プランのままだったらSIMフリーのiPhoneに挑戦するかもしれません。