ポタアン SoundRoid VANTAM Red開封の儀

今日は一日、VANTAMを聴いて幸せほっこりです。
本当にいい音ですねぇ。
こんな音を持ち歩けるようになるとは本当に思わなかったです。
VANTAM Redを選ぶことになった経緯はこちらの記事を参考にしてください。

ポータブルヘッドフォンアンプ選びその4です。候補に挙げていたHA-200とOPPO HA-2の一騎打ちかと思いきや、前回SoundRoid ...

早速開封の儀と行きましょう。

開封の儀

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

箱。赤がまぶしいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

箱を開封したの図

箱を開けると丁寧にVANTAMが包まれてます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本体を取り出した図

本体を取り出すとUSBケーブルが入ってます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開封の後

入ってるものは非常にシンプルです。
本体、充電用のUSBケーブル、MUSEのステッカー、保証書です。

本体の写真

次に本体の写真です。
本体は前の記事でも書いたようにとても美しいです。
Typhoonに比べると派手な赤ですが、実物は意外と落ち着いた色になってます。
それと表面の触り心地が良く、傷がつきにくいのも特徴のひとつです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤い本体

この写真だと赤がギツイですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左が充電用、右がデジタル入力用のUSB端子

少し角度を変えてみました。
落ち着いたいい色になりましたね。
右上にはMUSEのロゴも入ってます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏返すとスイッチ類が現れます

スイッチ類は左上から「DSEF」、「SMTP」、INPUT、SEL」、「GAIN」、「DSUS」です。
各スイッチ類の使い方は別途解説します。(実はまだわかってない)
スイッチ類はとても変えにくいです。
ただ、頻繁に変えることはないので簡単に切り替わらないように配慮をした設計になってるんだと交換的にとらえています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いい色になりました

左から「PHONE/OPT OUT」、「LINE IN、OPT IN、LINE OUT」、「BAL」「モード切替トグル」、「PCM、DSD表示LED」、「ボリュームつまみ」です。
モードはiOS Device用の「iAMP」、MacやPCを接続するための「USB DAC」、iTunesと同期が可能な「SYNC」の三つに分かれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

充電用のLEDもあります

以上が開封の儀となります。

そして・・・

続けてファーストインプレッションと行きたいのですが、今日は疲れたのでここまでとします。
最後にこの写真をどうぞ。

11068783_1004635372897741_1504701897_n

このように持ち歩いてます

お見苦しい点がありますがお許しください。
今日はこのように持ち歩きました。
しばらくはこのままでいきます。
ケースはエレコム社のP-01BCT2BK (スマートフォン用ベルトクリップケース(2台収納) 縦入れタイプ)です。
私用でiPhone6 Plus、会社用にiPhone5sを収納するために買ったんですが、VANTAMがちょうど入ったのでそのまま使ってます。
そのうちちゃんとしたものを買います!