スポンサーリンク

続ポタアン SoundRoid VANTAM Redの持ち運び方

スポンサーリンク
VANTAM Red
スポンサーリンク

これまで無理矢理スマートフォンケースにVANTAMを収納してましたが、ちゃんとしたケースを購入しましたので紹介します。
DAPで有名なAKシリーズのケースも数多く手がけるバンナイズのケースを選択しました。

実は、本格的なポタアンを持ち歩いてみようと思ったのも、こういったポタアン用のケースがあると知たからなのです。
ただでさえiPhone6から大きくなったし、iPhoneとポタアンを重ねるのはどうしてもiPhoneの操作性を損ないますので最終手段と考えてました。
DAPを購入してDAPとポタアンをカバンにしまうことも何度か考えましたが、これは本当にどうしようもなくなったときの手段としてとっておきたいです。

購入したケースはこれです。(Amazonの製品紹介ページに飛びます)

「ポータブルヘッドホンアンプとオーディオプレーヤー用キャリングケース」。
なんともベタな商品名です。
メーカーの公式サイトはこちらです。 

それでは写真でどのようになったかを見て行きましょう。

スポンサーリンク

VANTAMを入れてみる

IMG_7527

幅も高さも良い感じ

良い感じに収まってくれました。
窮屈さもありません。

iPhone5sも入れてみる

IMG_7535

ちょうど良い感じ

IMG_7529

出し入れにも余裕があります

こんな感じでとても楽に収納できました。
出し入れも楽です。
なお、iPhone6 Plusは幅の関係で収納することが出来ません。

USBケーブルの接続

IMG_7542

ケーブルを傷めることもなさそう

このケースの特徴は底面が空いてることです。
前回はスマホケースの穴を開けたので今回は底面が空いてるものにしました。
VANTAMとiPhoneをしっかりと支えつつ、ケーブルも無理なく接続することが出来ます。
ケースに入れたままでUSBケーブルの取り外しも出来るので手間が減りました。

なお、使用してるケーブルはAmazonのLightningケーブルです。
Apple純正のLightningケーブルはとても脆いので暫定的にこいつに変えました。

ヘッドフォンの接続

IMG_7546

ケーブルを傷めなくて済みます

ケース上部のベルトは少しずらしてます。
ずらすことによってヘッドフォンのケーブル(PEC/P7)が傷むことはありません。
音量つまみも操作しやすくて安心しました。

全体像

IMG_7553

前よりは少し整理できたかな

全体像はこんな感じになります。
上部のストラップをズボンのベルトに引っかけて持ち歩きます。
ストラップはもう少し短くても良かったかなと思います。
前のケースの時はお腹に直接当たっていたのでVANTAMの熱が伝わってきたんですが、これも解消されました。

AmazonのLightningケーブルは180cmのものなので長すぎます。
現在は写真にあるようにネジネジでまとめていますが、将来的には1mか50cmのものに買い替えようと思ってます。50cmでちょうどいい気がしますね。
ケーブルを買い替えればさらにすっきりしそうですが、もう少し先になります。

これで前回のデメリットが解消されました。
不格好なのは最初から覚悟していたのであきらめます。(笑)
でも、このケースのおかげで思っていたよりもすっきりと収まってくれました。

前回の記事はこちらを参考にしてください。

ポタアン SoundRoid VANTAM Redの持ち運び方
さてさて今日はVANTAM Redの持ち運び方を紹介します。現在、ケースはエレコム社のP-01BCT2BK (スマートフォン用ベルトクリップケース(2台収納) 縦入れタイプ)を使用しております。こんな感じです。 スマホを二台収納できる...

VANTAMのファイーストインプレッションの記事はこちらです。

ポタアン SoundRoid VANTAM Redファーストインプレッション
早くも三日間をVANTAM Redと過ごしました。メーカーの公式サイトにもVANTAM Redのページが出来ましたね。こちらです。 早速ファーストインプレッションを書いていきたいと思います。環境はiPhone6 Plus+ VANTAM ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました