Glee Season1を好きなパフォーマンスで振り返る #5 #6(ネタバレしかない)

本記事は番組に関するネタバレを含みます。

どんどん行きましょう。
今回はGleeシーズン1の#5と#6を振り返ります。
前回の記事はこちら。

本記事は番組に関するネタバレを含みます。 前回に続いて今回はGleeシーズン1の#3と#4を振り返ります。 このシリーズではGleeとい...

このシリーズではGleeという番組をSeason1から自分が好きなパフォーマンスを紹介しながら振り返ります。各エピソードの感想なども書いていきますので基本的にネタバレを含みます。というか、ネタバレだらけです。(笑)

glee1

画像は公式サイトのものです

#5 The Rhodes Not Taken

Aprilが初登場したエピソードです。
リアルタイムで見ていた当時は知らなかったのですが、Aprilを演じるKristin ChenowethはミュージカルのWickedのグリンダ役で知られる有名なミュージカル女優です。
このエピソードに限らずGleeでは数々の圧巻なパフォーマンスを披露してくれました。
その中でも私が好きなパフォーマンスの一つはこれです。

エイプリルとレイチェルの共演です。
オリジナルは1972年の映画キャバレーでライザ・ミネリが歌ってます。

キャリー・アンダーウッドの”Last Name”も楽しくて好きです。

さらにこのエピソードでは私がもっとも好きなバンドQueenのSomebody to Love”を披露してくれました。
残念ながらGleeでパフォーマンスされたQueenの曲はどれもあまり好きではありません。
本家のパフォーマンスを死ぬほど聴いてしまってますし、本家以上のパフォーマンスをほとんど聴いたことがないのも理由のひとつです。

とはいえ、このようにQueenを扱ってもらうのは非常に嬉しいですね。

#6 Vitamin D

このエピソードは何回見ても大笑いしてしまいます。
今となってはちょっと洒落にならないネタなんですが、The New Directionsの面々が変なクスリの力を借りてノリノリのパフォーマンスを連発します。

出だしのフィンの目と、女子の引きっぷりに毎度笑ってしまいます。(笑)
次は女子の版です。
こちらはただでさえうざいレイチェルがさらにうざくなってます。(笑)

この”Halo”はビヨンセの曲で元々好きなんですが、オリジナルよりもGleeのこのアレンジのほうが好きです。
男女のパフォーマンス共にマッシュアップがとてもうまいですね。 

続きはこちらです。

本記事は番組に関するネタバレを含みます。今回はGleeシーズン1の#7と#8を振り返ります。前回の記事はこちら。このシリーズではGleeとい...

Glee Season6の最終回の記事はこちらです。

Glee Season6 #12と#13を見ました。ついに最終話です。終わってしまいました・・・。二話ともすごくいいエピソードだったんですが...