スポンサーリンク

密閉型ヘッドフォン beyerdynamic DT 1770 PRO B&W P7聞き比べ

スポンサーリンク
DT 1770 PRO
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

スポンサーリンク

装着感

P7のほうが上です。
イヤーパッドが耳に吸い付く感覚は他と比べるのが難しいくらいP7が優れています。
1770 PROが悪いというわけではなくP7が非常にいいという印象です。
1770 PROについては標準以上だと思います。
頭を振ってもズレるようなことはありません。少しズレたとしても音質に与える影響はありません。

音漏れと遮音性

意外なことにP7のほうが音漏れをしやすいという結果が出ました。
音漏れが激しかったのはレ・ミゼラブルですが、妻曰くP7のほうが漏れていたとのことです。

遮音性については双方問題なしです。
完全に音楽に没頭できます。

音量

P7のほうが取りやすいです。
P7ではVANTAM Redの音量が約75%。1770 PROは90%です。

まとめ

優劣をつけるのは非常に難しいですね。
1770 PROはどちらかといえばモニターよりの製品だと思いますが、音場の広いですしリスニング用に使っても不満はそれほどないと思います。
P7はリスニングに向いていますが、細かい音を分析的に聴くことも可能です。
どちらもバランスがよく取れた製品ということを改めて認識しました。

装着感はP7のほうが上ですが音漏れについては1770 PROのほうが上という意外な結果となりました。
携帯性については折りたたみができるP7のほうが断然有利です。
また音も取りやすいのでiPhoneやDAPと直接接続をしても問題なく使うことができます。

以上で聞き比べは終わりです。

P7と1770 PROの記事については以下を参考にしてください。

beyerdynamic DT 1770 PROファーストインプレッション
beyerdynamic DT 1770 PROを購入して一週間が経ちました。 恒例のファーストインプレッションを書きます。前回の開封の儀はこちらの記事を参考にしてください。使用した感想Day1ヘッドフォン祭の当日とあってあまり視聴する時間...
B&W P7購入1ヶ月後のレビュー
B&W P7を購入して一ヶ月が経ちました。 ここまでの使用感をレビューします。 なお、P7を購入するに至った経緯は以下の記事を参考にしてください。 2014年ヘッドフォン選び 2014年ヘッドフォン選び その2 2014年ヘッドフォ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました