音楽レビュー アル・ディ・メオラ Al Di Meola / Elegant Gypsy

好みの音質のヘッドホンと出会ってほくほくのamahikasです。
とても優しい音を出すヘッドホンでどうやって買おうか今から悩んでおります。(笑)
好みの音楽に出会うのも嬉しいですが、好みの音を出すオーディオ製品に出会うのも嬉しいものですね。

さて、本記事ではそんな優しい音を出すヘッドホンで聴くとちょうど良いかなと思う作品を紹介します。

アル・ディ・メオラ Al Di Meola

最初にお断りしておきますが、私がアル・ディ・メオラを聴くのはこれが初めてになります。
また、ジャズとフュージョンも2年前から聴き始めたので、まだまだ駆け出しです。(笑)

それでは簡単にアル・ディ・メオラについて紹介しておきます。
アメリカのジャズ・フュージョンギタリストで1974年から活動をしています。大御所と呼ばれるような方なんでしょうね。
初期の頃は早弾きなどテクニカルな面で注目をされたようですが、本人はフラメンコなどのラテン音楽に興味があり、早くからジャズ・フュージョンに取り入れたそうです。

ラテンだけでなくエレキギターやシンセギターも取り入れたりと探究心が旺盛の方のようです。
私がよく聴いているFourplayのようにオーソドックスなジャズ・フュージョンというよりも先鋭的且つ実験的な音楽を追究してる方のようです。

Elegant Gypsy

今回紹介する『Elegant Gypsy』というアルバムは1977年に発売されています。
70年代の作品を聴くのは久しぶりです。

71y-ABl85tL._SL1079_

アル・ディ・メオラの2作品目でフラメンコ・ギタリストのパコ・デ・ルシアも参加しています。
2枚目のソロアルバムですが、この作品は本格的に独り立ちをしたという意味でアルにとって重要な作品だそうです。

この作品を聴いてみようと思ったのは、Twitterで音も音楽も好みが似てるフォロワーさんがお薦めしていたのがきっかけです。多謝です。m(_ _)m

好きな曲

6曲しか収録されていない作品なんですが、5曲がお気に入りです。
特に気に入っているのは”Midnight Tango”、”Mediterranean Sundance”の2曲。

“Midnight Tango”はFourplayにも通ずるスムーズな曲ですが、途中で変調してラテンっぽくなります。アルのギタープレーもかなり技巧的且つ速いですね。

“Mediterranean Sundance”はパコ・デ・ルシアと共演をしている曲です。
冒頭はパーカッションで始まりますが、途中からアコースティックギター(フラメンコギター)の独壇場となります。
技術的に高い演奏が繰り広げられているのですが、技術だけでなくメロディーもきれいなのでかなり気に入っています。

その他で気に入っているのは”Flight Over Rio”、”Race With Devil On Spanish Highway”、”Elegant Gypsy Suite”です。

“Flight Over Rio”はアップテンポでいかにもラテンっぽい曲になっています。
ジャズ・フュージョンのテイストもありますが、Fourplayとはまったく違う音楽ですね。
最近、メタルとプログレとジャズを融合したFelix Martinというアーティストをよく聴いてるんですが、Felix Martinの曲かとよく勘違いしています。(笑)
1970年代にこういう音楽をやっていたというのはすごいですね。

“Race With Devil On Spanish Highway”はもっとジャンルがよくわからない曲です。
この曲もFelix Martinとよく混同しています。
ちなみにこの曲はRiotというHeavy Metalバンドも『The Privilege of Power』というアルバムでカバーしています。
Riotのこのアルバムはリアルタイムで聴いているのですが、当時はアル・ディ・メオラが原曲だとは知らずに聴いていました。(笑)

“Elegant Gypsy Suite”はよりラテン音楽を融合したジャズ・フュージョンという感じの曲です。
この曲はパーカッションの使い方が非常に面白いです。

まとめ

今年は年初からFourplayを軸としてジャズ・フュージョン系の音楽を聴きまくったので、ちょっと違うタイプの音楽を聴きたいと思っていたんですが、アル・ディ・メオラはちょうど良かったです。

もう少しフラメンコギターのアコースティックな響きを聞きたかったところですが、この作品は完成度も高く、十分に聴き応えがありました。

演奏がうまいだけでなく、70年代にしては音質も良いですし、何よりも曲が良いです。
技巧的なパートも多いのですが、美しいメロディーに勝るものはありません。

今回は以上です。
以下の記事もあわせて参考にしてみてくださいませ。

昨年からジャズ(主にスムーズジャズとフュージョン)を堪能していますが、元々はメタルを聴いていた人間なので少し毛色の変わったジャズを聴きたくな...
またまた音楽レビューです。 この記事で紹介するのはFourplayの『Between the Sheets』です。 Fourplayについて...