2015年イヤフォン選びまとめ

1月から続けてきたイヤフォン選びも終了しましたので、選考過程や結論に至った理由をまとめたいと思います。
最終的には昨年のヘッドフォン選びのようにビシッとした結論ではなくフワッとした結論となってしまいました。
それだけ魅力的にイヤフォンが多いということだと思います。

今回の条件

今回のイヤフォン選びは愛機のWestone 4Rの不調により手放ししたため、買い換えをすることにしました。
条件は以下の通りです。

  • 高中低音のバランスがフラット
  • 装着感と音漏れはW4R相当
  • 予算は5万円前後

まあ、基本的にW4Rの代わりになるものということですね。

候補

当初、候補に挙げていたのはW40、FX850、FX1100、UM Pro30、DN2000、Fostex、Noble AudioのClassicシリーズ、UE900sなどでしたが、試聴を繰り返すにあたって候補がどんどん増えていきました。(笑)
私はヘッドフォンをメインで使っているのでいろんなイヤフォンを聴くいい機会になりました。
イヤフォンに対する知識と各メーカーの傾向がわかってきたかなと感じてます。
さらにイヤーピースやカスタムイヤーピース、ケーブルにまで興味を持つようになってしまいました。
今後、どれだけ散財するのか心配です。(笑)
試聴は何度か行いましたが、環境はいつもの通り、iPhone6 PlusAL-LCH21という構成です。
音源はすべてALAC。
楽曲は静かな女性ボーカル、デス・メタル、オーケストラ、ハードロックなど幅広く聴きました。

次ページから各イヤフォンの感想を書いていきます。

『2015年イヤフォン選びまとめ』へのコメント

  1. […] 2015年のイヤホン選びでオーディオテクニカのIM04を購入したのを機に初めて、イヤーピース選びをしたんですが、この時はSpiral Dotを選びました。 とは言え、IM04とSpiral Dotの組合せは装着 […]